ジーンズリペア

ジーンズリペア写真放出 その7

こういう仕事をしていると、当然のことながら、連日のようにお客様から送っていただいたジーンズが到着します。

ジーンズを届けてくれるのは、郵便局やヤマト運輸などの業者さんなのですが、最近、この業者さんを含めて、当店を訪れる人のインターホンの押し方で、ちょっと気づいたことがあります。

宅配の業者さんのように、当店に対して明確な用事があって訪ねてくる人は、インターホンの押し方が「ピンポン!」という具合に、押す時間が短いんです。

それに対して、宗教の勧誘や、保険の勧誘など、尋ねてくる側も「当たるも八卦当たらぬも八卦」的な適当な目的で訪ねてくる人は、インターホンを「ピーーン、ポーーン」という具合に長押しします。

最近は、インターホンの押し方で、誰がどういう用事で訪ねてきたのかおおよそわかるようになってきましたね。

インターホンの押し方が、「ピンポン!」と短い場合は、「うちにちゃんとした用事があってきたんだな」と思って素直に出られるのですが、「ピーーンポーーン」と間延びしたインターホンがなったときは、九割九分どうでもいい用事で来ているので、応対するときにちょっと緊張感があります。

「訪ねてくる人の目的や精神状態とインターホンの押し方の関係」って、たぶん、誰も調べていないと思うんですが、何らかの関連性があるような気がしますね。

さて、本題。

今回もリペア写真の放出です。

今日も5件ほど・・・。

股のリペア
20170119_7before.jpg

20170119_7after.jpg

股のリペア
20170119_8before.jpg

20170119_8after.jpg

お尻のリペア
20170119_9before.jpg

20170119_9after.jpg

脚部のリペア
20170119_10before.jpg

20170119_10after1.jpg

20170119_10after2.jpg

股のリペア
20170120_1before.jpg

20170120_1after.jpg

さて、仕事に戻りましょうか・・・。

ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ