ジーンズリペア

ジーンズリペア 脚部

昨年の9月に書いたBlogを振り返ってみると、「9月の頭ぐらいから、ぐっと気温が下がって・・・」的なことが書いてありましたが、今年はまだまだ残暑厳しいですね。

例年、夏と秋の入れ替わりは台風がきっかけになることが多いので、先日の台風10号が行ったら、夏の空気が秋の空気に入れ替わるかなと思っていたのですが、今年の暑さはしつこいですね。

こういう暑さが続くと、ジーンズの出番も少なくなるかもしれませんが、あと1ヶ月もすれば衣替えのシーズンがやってきます。

秋になって「そろそろジーンズを出して履こうかな」と思ったときに、ジーンズに穴が開いていると気分もちょっと落ち込みますよね。

現在、当店の納期は2週間ほどですが、それでも、「履きたい!!」と思ってから修理に出すと、実際に履けるのは半月後ということになってしまいます。

そのことを考慮して、衣替えの時期と修理の納期を逆算すると、9月中に修理を依頼するのがベストです。

9月中にご依頼をいただければ、衣替えの時期が来る前にお手元にジーンズをお届けできます。

また、例年、衣替えのシーズンになると、依頼数がグッと増えるので、当店の納期が延びる可能性もあります。

そのことを考えても、お手元のジーンズにダメージが出ている方は、9月中に修理しておくことをお勧めいたします。

さて、今回紹介するのは脚部のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20160902before

after
20160902after

脚部が横に裂けています。

ジーンズのダメージとしては、本当に定番のダメージですね。

当店で脚部のダメージを修理する際には、縦幅が1センチ以上あれば、修理後の外観よりも履き心地を考慮して、ステッチを荒めに入れて柔らかく仕上げています。

普段、Blogで紹介しているダメージは、わりと大き目のダメージが多いですが、こういった軽度のダメージにも対応しておりますので、お手持ちのジーンズにダメージが出ている方はお気軽にご相談ください。

ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ