営業記録

あけましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のお引き立てを賜りましてありがとうございました。

本年も昨年と変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。

当店は正月も元旦から通常営業ですので、ジーンズの修理を検討されている方は、この機会にぜひとも当店まで見積もりのご依頼をお寄せください

三が日中であっても、24時間以内に見積もり金額等をご案内させていただきますので、よろしくお願いいたします。


今年の正月は、年末の29日ぐらいから妙にドタバタして、あわただしい状態のまま、いつの間にやら年を越したという感じですね。

昨年の1月1日のBlogを見てみたら、去年の私はモンハンをやりながら年を越したようですが、今年は、PCに向かって事務仕事をしながら年を越しました。

我ながらせわしない年越しですが、世の自営業の人たちはもう少しゆっくりしてるんですかね?

自宅と仕事場が別々の人は、自宅に帰ればゆっくり出来るのかもしれませんが、私の場合は自宅作業の自営業なので、PCをつけるとついつい「メールの返信を・・・」とか「帳簿を・・・」といった感じで、仕事をしてしまうんですよね。


年越しといえば、昨今は、「年末らしさ」「正月らしさ」なんていうのもだいぶ薄れてきましたね。

私が子供の頃は、金融機関はもちろんのこと、商店やスーパーも大晦日から三が日までは休みだったので、年末はお金を下ろして食料品を買いだめするのが通例でしたが、いつの頃からかコンビニやースーパーが24時間年中無休営業を始めたので、年末も正月も、普段と変わらない生活が可能です。

それはそれで非常に便利なんですが、年末や正月はある程度不便な方が風情があったような気がしますね。

お店が休みだから出歩くこともなく、出歩くこともないから外は車も走らず、車も走らないから年末年始の空気というのは、普段よりも少し澄んでいるように感じました。

最近は、そういった正月の不便であることの風情のようなものを感じることもないので、日常と正月の境目がなく、生活がなんとなくのっぺりしたまま新年を迎えているような感じですね。

しかし、こういうことを感じるのも、私が年を取ったからかもしれません。

思えば、今年は未年で、私も年男です。

子供の頃は36歳なんていうと、ものすごくしっかりした大人のようなイメージがありましたが、今の自分を省みると、全くしっかりしてませんね。

何がどうなればしっかりしていて、何がどうなればしっかりしていないのかという基準もいまいちよくわかりませんが、年も年ですし、今年は去年よりも少しだけしっかり者になれればいいですね。


新年早々、妙に長い記事を書いてしまいましたが、改めまして、本年も当店をよろしくお願いいたします。


ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ