ジーンズリペア

ジーンズリペア 股

以前もこのBlogでチラッと書いたことがあるんですが、
日常的に無塩無糖のトマトジュースを飲んでいます。

プラシーボ効果的なものなのかもしれませんが、
飲み始めてから体調もいいので、なかなか気に入っています。

今日も近所のドラッグストアーに某有名メーカーの
トマトジュースを買いに行ったのですが、
いつも買っていた900ml入りのボトルがなくなっていて、
変わりに、「スリムペット」と書かれた同じメーカーの
トマトジュースが置かれていました。

販売金額が一緒だったので、単純に、メーカーがボトルの形を
従来のずんぐりしたものから細身のものに変えたのだろうと思って、
そのまま買って帰ったのですが、自宅に到着してから、
やはり、どうもボトルの太さが細すぎると思い、
内容量を確認してみたら、なんとまさかの720ml!!

ペットボトルの形が変わっただけでなく、完全に中身が減っていたんです。

もともとの量が900mlですから、減った量は180ml。

なんと2割も減っています

しかも、2割減ったからといって販売金額が安くなっているわけでもなく、
お値段は据え置き。

ひどい話ですよねぇ。

買った商品には「飲みやすい量!!」とか「冷蔵庫で場所をとらない!!」なんていう
うたい文句が書かれていましたが、こんなもの単なる詭弁です。

メーカーのWEBサイトを見てみたのですが、このスリムペットタイプの商品は、
今年の4月1日から販売されて、過去の900mlの商品は無くなり次第順次こちらの
スリムタイプの720mlのものに置き換えられていくようです。

これって、要は消費税対策ですよね。

確かに、新しいペットボトルを開発する経費はかかっているのかもしれませんが、
それを考慮しても、3%消費税が上がるのに対して内容量を20%減らすって、
いくらなんでもやりすぎなんじゃないですかね・・・。

ケチャップはずいぶん前にハインツとデルモンテに切り替えましたが、
トマトジュースに関しても、このメーカーを見限る時期が来たようですね。

さて、今回紹介するのは股部分のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20140428b_before

after
20140428b_after


左股の部分に大きな穴があいているだけでなく、
左右の股にかなりワイルドな修理が施されていますね。

こちらのご依頼は、このワイルドな修理をはずして、
修理自体をやり直して欲しいということでした。
(ちなみに股の上部に施されている修理のような部分は
メーカーオリジナルのダメージ加工です。)

そのため、修理する際には、こちらの修理を全てはずしてから、
左股の新しいダメージの補修も含めて修理を全てやり直しました。

股を一度分解してから作業したので、仕上がりがきれいですね。

ジーンズの修理は、修理を施すよりも修理をはずすときの方が手間がかかるので、
修理のやり直しはそれなりに値段が高くなってしまうのですが、
こういったご依頼にも対応しますので、修理を検討されている方は、
よろしくお願いいたします。


ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ