ジーンズリペア

ジーンズリペア 股

いつ頃からかわかりませんが、ここ数年、
Amazonの分割発送がちょっと過剰になってる気がしませんか?

先日、大物小物合わせて12点ほどを一回の注文でまとめて買ったんですが、
それらの商品が、5つの荷物に分割されて発送されました。

今日、そのうち3つの荷物が届いたんですが、Amazon定番の大げさな梱包で、
商品の体積的には、明らかに一つの荷物にまとめられるサイズでした。

Amazonと運送会社との間の契約がどういう風になっているのか知りませんが、
明らかに一つにまとめられる同一宛先の荷物を一日に三つ持ってきてもらうと、
荷物を受け取るこちらの方が、運送屋さんに気を使ってしまいますよね。

実際、今日、荷物を受け取ったときも、三つのうち一つ目は午前中に配送されて、
残りの二つは夜の一番遅い便で配送されました。

もちろん、届けてくれたドライバーさんは同じ人です。

こういう状況って本当に気を使うんですよね。

商売柄、お客様から送っていただいたジーンズが毎日のように届くので、
郵便局やヤマト運輸、佐川急便などの大手運送会社の担当ドライバーさんや
配達員の方とはだいたい顔見知りになっています。

そこへ来て、明らかに一つにまとめられる荷物を朝と夜の分割で配送となると、
やっぱり、ちょっと申し訳ない感じがするんですよね。

Amazonの配送システムの都合だと思うんですが、こちらが頼んでもいないのに、
勝手に分割発送するのはちょっとどうかと思いますね。

私も、Amazonを利用し始めてからずいぶん経ちますが、
10年ぐらい前はここまでおかしな配送はしてなかったと思うんですけどね・・・。

「契約」と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、Amazonの運送業者に対する
態度には、どこか釈然としないものを感じますね。

さて、今回紹介するのは定番の股のリペアです。

before
20140214before

after
20140214after

股が擦り切れて穴があいています。

この部分のダメージとしては、本当に定番のダメージですね。

こちらのケースは、傷がインシーム際にまで達していたので、
修理する際には、股のインシーム部分を少し分解して作業しました。

股を分解してからあて布と擬似横糸をあて、
ミシン叩きで補修した後、再度解いた部分を縫い直しています。

通常のジーンズと違って、ちょっと変わった作りのジーンズでしたが、
写真の通り、なかなかきれいに仕上がりました。

同じ股でも前股のダメージは、これはこれでちょっと難しい部分があるんですが、
後ろ股であれば、これぐらいの大きさの傷は比較的きれいに仕上がります。

修理をご検討の方は、早めの修理をお勧めいたします。


ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ