ジーンズリペア

ジーンズリペア 脚部

昼過ぎ、地元の友人から結婚式の招待状が届きました。

年齢的にそういう時期だっていうのもあるんでしょうけど、
28を過ぎたあたりから結婚や出産に関する知らせが一気に増えました。

普段ほとんど連絡を取らない地元の友人から突然メールが届くと、
たいていの場合は、「結婚しました」か「子供が生まれました」ですからね。

30を過ぎると世の中的にはそういうことを真剣に考える年齢なんでしょうね。

私も今年で33ですけど、「結婚」ていう二文字は、まぁ、縁遠い感じがしますね。

相手がいるときでさえ、「結婚」ていう文字がよぎったことがほとんどないので、
そもそも「結婚」ていうものに向いていないのかもしれません。

実際、今の、色々なことに関してフリーダムな状況を捨てたくないですからね。

精神年齢も小学校高学年ぐらいで止まってる気がするし・・・

自分の内面を省みても、33歳というより、33歳児という方が適切な
感じがしますからね。

世の多くの人たちは、大人になるにつれて少しずつ砂遊びをやめて、
ゲームのコントローラーをスマートフォンに持ち替え、
社会という名の荒波に乗り出していくものですが、
どうも、私はいつまでたっても砂場で穴掘りをしながら、
ゲームのコントローラーを握っていますね。

まぁ、こういうことを言っている人に限って、突然結婚したりするものですが、
私の場合は、コントローラーを握ったまま、ふと気づくと「今年で米寿か・・・」
なんていうことになりそうで少し怖いですね。

さて、本日紹介するのは脚部のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20120703before

after1
20120703after1

after2
20120703after2

左右の膝に大穴が開いています。

人工的に出来たダメージではなく、自然に出来たダメージですが、
修理する側からいわせてもらうと、「こうなる前に・・・」というのが
本音ですね。

当店で脚部を修理する場合、通常、サイドの縫い目は解かないのですが、
こちらの事例は、ダメージがサイドの縫い目部分にまで達していたので、
該当箇所を少しだけ解いて修理しました。

かなり大きなダメージですが、生地と糸との相性がよかったので、
なかなかキレイに仕上がりました。

これぐらい大きなダメージでも修理可能ですが、
修理後の外観や履き心地を考えると、
もう少し早い段階で修理するのが正解ですね。


ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ