ジーンズリペア

ジーンズリペア ポケット

先週の木曜、午後の仕事を休みにして
久しぶりに自転車で走ってきました。

ルートは小田原から国道一号線で平塚へ向かい、
平塚から伊勢原へ。

伊勢原からは246に入って秦野、松田経由で帰還。

全体で60kmぐらいの距離を3時間弱で走ったので、
平均時速は20キロ弱ぐらいですかね・・・

途中、伊勢原から秦野へ向かう途中に善波峠がありますが、
あの坂道はきついですね。

もちろん、善波峠のすぐそばにあるヤビツ峠や
神奈川西部の箱根に比べれば善波峠は比較的楽な
峠なんでしょうけど、私のように自転車散歩レベルの
自転車乗りにとっては善波峠レベルでもかなりしんどいですね。

まぁ、体重100kgオーバーの人がブロックタイヤのマウンテンバイクで
峠を登るわけですから、しんどくて当然とは思いますけど、
やっぱり、もうちょっと脚力が欲しいですね。

ロードやクロスバイクだともっとラクなんでしょうけどね。

ただ、体重がスーパーヘビー級になるとロードだとタイヤの強度が
もたなくてすぐパンクしますからね・・・

マウンテンで頑張るしかないですなぁ。

ところで、大磯のあたりを走っていたときに、
白いロールスロイスを見かけました。

ロールスロイスって高級車の代名詞ですから、
話には聞きますし、写真などは見たことがありますが、
現物のロールスロイスを生で見たのは初めてかもしれません。

さて、本日紹介するのはバックポケットのリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20120611before

after
20120611after

ポケットが縦にザックリ割れています。

バックポケットにダメージが出る場合は、財布や携帯など、
中に入れているものの形にポケットが擦りきれて穴が開くケースが多いですが、
今回紹介する事例のように、ポケットを縫い付けているステッチに沿って
ザックリ割れるケースも意外と多いですね。

この箇所は根付の部分で生地の厚さに差が出るので、
そこの部分に負荷がかかりやすくなります。

そのため、大きな財布や厚い財布を入れたりすると、
縦にビリッと破れますね。

当然、このままだと修理できないので、修理する際には
ポケットを外してから作業しています。

ポケットを外してからあて布と疑似横糸をあて、
ミシン叩きで補修してから再度ポケットを縫いつけます。

after写真を見ていただくとなんとなく分かると思いますが、
ダメージ部分だけでなく、バックポケット全体に補強が入っているので、
これで当分は壊れる心配はありません。


ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ