ジーンズリペア

ジーンズリペア 脚部

先日、ふと、本棚にあった沢木耕太郎の
『深夜特急』を読み返してみました。

このシリーズ、学生の頃に一度読んだのですが、
そのときは、沢木耕太郎に独特の熱っぽく、
そして、どことなく歯の浮いた雰囲気のする文章にはまって
一気に読み終えました。

ところが、先日読み返したときは、その文章がなんとも言えず暑苦しくて、
50ページほど読んだらそれ以上読めなくなってしまいました。

本は、読む人の年齢や経験によって、同じ本でも全く違う印象を持つものですが、
『深夜特急』のようなタイプの本を読めなくなったということは、
私も少し年をとったのかもしれません。

さて、本日紹介するのは脚部のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20120528before1

20120528before2

20120528before3

after
20120528after1

20120528after2

かなり履きこんだようで、脚部が左右ともに
ボロボロになっています。

この手のダメージ、見た目がかなり派手なので、
一見するとかなり大事に見えるんですが、
実は、直す側からみると、それほど致命的なダメージではありません。

人間の体で例えると足の骨を折ったようなもので、
痛みもすごいし、見た目もかなりショッキングなので、
折った本人はかなり動転しますが、実際には、
命に関わる傷ではないですし、治療すればちゃんと治るので、
冷静に考えれば、それほどあわてる怪我ではないですよね。

それと同じで、このタイプの傷は、キッチリ直してあげれば、
何の問題もなくちゃんと履けるようになります。

むしろ、股のインシーム部分を横断するように出来ているダメージや、
腰の脇部分の縫い目をにかかっている小さなダメージの方が、
よほど厄介ですね。

さて、こちらのダメージですが、修理する際には
当て布と疑似横糸を当ててから、ミシン叩きで仕上げました。

太腿の上部から膝下まで、広範囲にクラッシュしているので、
かなり大きなサイズの当て布を当てて、しっかり補強しています。

写真だとちょっとわかりづらいですが、かなりの量のステッチが入っているので、
これで当分は壊れる心配はありません。


ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
391
ネットうろちょろしてたらたどり着きました。
綺麗に仕上がってますね。

うちにも愛着があって捨てるに捨てられない、でも履けないぐらいひどいボロボロのデニムが何本かあるんですけど、
リペアするより買ったほうが安上がりなのかなぁって思っちゃってます。

サイトの価格表も見たんですけど、もし可能ならブログにアップされているリペア画像と一緒に参考価格みたいにこれはいくらですってのがわかると嬉しいなって思いました。

もうちょっとしてお金に余裕できたら見積もりもお願いするつもりですのでその時はよろしくお願いします。

392
コメントありがとうございます
コメントありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

修理画像の料金掲載についてですが、以前にも一度チラッとリクエストを頂いたことがあるので、今後前向きに検討いたします。

ちなみに、コメントを頂いた記事に掲載してあるダメージの修理料金は、左脚部が3000円、右脚部が2000円です。

今後、何か機会がありましたらよろしくお願いいたします。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ