ジーンズリペア

ジーンズリペア 股

世の中、多かれ少なかれ、流行り廃りというものがあります。

先日、持込のお客様との待ち合わせで、
近所のスーパーに行きました。

ちょうど夕方の時間帯だったので、スーパーの中には
帰宅途中の高校生がたくさんいました。

その高校生のなかで、一部の女子高生がルーズソックスを履いていました。

私は、今年の5月で33歳なるんですが、
ルーズソックスって私が高校生だった頃に
大ブームでしたね。

ただ、その当時は、たくさんある流行り物のひとつとして扱われて、
数年したらすぐに消えるものと認識されていました。

ところが、実際には、15年以上たった今もしっかり生き残っていて、
現在の女子高生も、当時の女子高生と変わらず普通に着用しているんですね。

もちろん、大ブームだった当時に比べると、ルーズソックスを着用している
女子高生の割合は圧倒的に減っています。

しかし、それでも、15年間生き残ったっていうのは、
無視できない事実ですよね。

むしろ、15年も生き残ったことを考えれば、
もう女子高生の定番として定着したのでしょう。

ルーズソックスなんて、本当にチープなアイテムですけど、
あの手のものが、流行り廃りの荒波を乗り越えて
定番になっていくというのはどこか感慨深いですね。

さて、本日紹介するのは股のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20120422before

after
20120422after

股がザックリ割れています。

股の中心部からバックポケット下部の方向に向かって、
一直線に裂ける。

比較的よくあるタイプのダメージですが、
股は負荷がかかりやすく、ダメージが大きくなりやすいので、
この部分のダメージは早めに対処したほうがいいですね。

修理する際には、あて布と疑似横糸をあててから、
ミシン叩きで仕上げています。

生地と糸との相性がよかったので、
かなりキレイに仕上がりました。

強度としなやかさもしっかりキープしているので、
これでまたガンガン履くことができます。


ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ