ジーンズリペア

ジーンズリペア 脚部

一人親方で自営業をやっていると、年間を通じて、
いつでも、「何かしら忙しい」という状況なんですが、
そんな中でも特に忙しい「繁忙期」があります。

正月明けや確定申告前なども忙しいんですが、
この「4月」というのもなかなかハードな時期ですね。

4月の上旬ぐらいからは衣替えが始まりますし、
今年は28日からGWに突入します。

正月休みやGWなどの大型連休は、見積もりを初めとした
お問い合わせが一気に増えるので、メール対応に時間をとられて
修理作業をする時間がグッと減ります。

そのため、それを見越して、今のうちに出来るだけ多く
修理をこなしておく必要があります。

昨日も5本仕上げたんですが、今日も朝から晩まで、
作業予定がガッツリ。

まさにフル回転状態です。

ただ、いつも思うのですが、今のご時勢にこうやって「忙しい、忙しい」と
言っていられるのは本当にありがたいことですよね。

連日届くお客様からの見積もりメールに感謝しながら、
毎日少しずつ作業を進めていきたいですね。

さて、本日紹介するのは脚部のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20120415before

after1
20120415after1

after2
20120415after2

太腿の部分がザックリ裂けています。

ポケットの縁の部分にもダメージが出ていますが、
太腿部分のみのご依頼でしたので、
今回紹介するのは太腿部分のダメージのみです。

通常、この手の擦りきれて出来るダメージは
太腿の下部から膝の部分にかけてできることが多いので、
今回紹介するタイプのように、太腿の上部にこれだけ大きく
こういったタイプのダメージが出来るのは、少し珍しいですね。

修理する際にはあて布と疑似横糸をあててから、
ミシン叩きで仕上げています。

ある程度面積のあるダメージだったので、
ミシン叩きを入れる際には、修理後の履き心地を考慮して、
ステッチを粗めにいれて柔らかく仕上げています。

生地と糸との相性がよかったので、なかなかキレイに仕上がりました。

当然、強度としなやかさもしっかりキープしているので、
これでまたローテーションに組み込んで、ガンガン履くことができます。


ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ