ジーンズリペア

ジーンズリペア 股

『ぶら下がり健康機』が欲しいです。

この仕事をしていると、一日のほとんどがミシンに向かっているか
PCに向かっているか、アイロンを使っているかのどれかなので、
姿勢が悪くなり、体の筋肉が固まってきます。

予防策として毎晩30分ほどかけてストレッチをしているのですが、
それでも、背筋を思い切り伸ばす運動というのはなかなか出来ません。

そんなときに「ぶら下がり健康機」が一台あれば
背筋が一気に伸びて便利だと思うんですよね。

もちろん、近所の公園や学校などにある鉄棒を使っても
「ぶら下がり健康機」と同じことができますが、
私のようにある程度身長が高い(185センチ)と
ぶら下がれる高さの鉄棒って意外と少ないんです。

腕をまっすぐ上に上げた状態で、おおよそ2m30cmなので、
そこからぶら下がるとなると、だいたい2m50㎝ほどの高さの
鉄棒が必要になります。

2.5メートルの鉄棒なんてまず見かけないですよね。

高い鉄棒にぶら下がって背筋を伸ばしたら、
かなり気持ちがいいでしょうし、体にもいいと思うんですが、
なまじ背が高いとそういうことも難しいですね。

さて、本日紹介するのは股のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20120407before

after
20120407after

股の部分がスパッと割れています。

股は不可のかかりやすいところなので、
履く人によって破れ方もさまざまですが
この手のダメージのご依頼はかなり多いですね。

このタイプのダメージは、放っておくと、
そこからどんどんバックポケットの方向に向かって裂けていき、
ひどい場合には、ポケットの反対側にまで達する場合があります。

そうなってしまうと、補修範囲も広くなり、
作業手順も複雑になるので料金も上がってきますし、
修理後の見た目にもダメージ感が残ります。

こちらのダメージも決して小さいダメージではありませんが、
これぐらいのダメージが出来たらすぐに修理することを
お勧めします。

修理する際には、あて布と疑似横糸をあててから
ミシン叩きで仕上げています。

傷の面積が比較的小さかったので、
かなりキレイに仕上がりました。

強度やしなやかさもバッチリキープしているので、
これでまたガンガン履き込むことが出来ます。


ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ