ジーンズリペア

ジーンズリペア 脚部

10年ぐらい前からレディースのジーンズがどんどん細くなってますよね。

ユニクロのスキニージーンズが流行して
ストレッチ素材のジーンズが広く普及し始めてからは、
さらにその傾向に拍車がかかったような気がします。

当店にもレディースのジーンズはよく送られてくるんですが、
最近送られてくるものは本当に細くて、裏返すために脚部に
手を入れると、ふくらはぎのあたりで私の腕がつっかかってしまい、
裏返すだけでも一苦労です。

修理をする際にはその極細の脚部の中にミシンを入れるわけですから、
運針を制御するだけでもかなり神経を使います。

個人的な好みなんですけど、女子の細身のジーンズって
そんなにかわいいですか?

aikoやデビュー当時のパフィーみたいに、
女の子がナチュラルフィットのジーンズを
履くのもかわいいと思うんですけどね・・・

やっぱり世の中的には、レディースのジーンズは
細い方がいいのでしょうか…

さて、本日紹介するのは脚部のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20120316before

after
20120316after

脚部全体がボロボロになっています。

こちらのジーンズはもともとかなりハードなダメージ加工が
施されているタイプなんですが、履いているうちに
その加工部分が崩れてしまって、最終的に、
こういうボロボロの状態になってしまったという感じですね。

これだけダメージが連なっていると、一つ一つのダメージを補修しても、
補修と補修の間からすぐに破れてきてしまうので、
修理する際には太腿の上部から膝下までを覆う大き目のあて布をあてて、
脚部全体を補修しています。

すべてのダメージがかなり面積のある傷だったので、
修理跡がそれなりに目立っていますが、
もともとがダメージジーンズなので
なかなかいい感じに仕上がりました。

前述したようにかなり広範囲に補修しているので、
これで当分は壊れる心配はありません。


ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ