ジーンズリペア

ジーンズリペア 裾

数日前から眼の疲れがひどいです。

一日のほとんどがミシンの縫い目を見ているか
PCのモニターを見ているかのどちらかなので、
目が疲れるのは当たりまえといえば当たり前なんですが、
最近の目の疲れは一晩寝ても治らないので、
単純な「目の疲れ」というよりも「眼精疲労」の
レベルに達している感じですね。

目が疲れているといっても、眼球自体は単なる水晶玉なので、
厳密に言えば目の周辺の筋肉が疲れているということだと思うんですが、
こういったタイプの疲れ目は、目の周りのマッサージとかで
症状を軽減できるんですかね?

商売柄、目の疲れは仕方がないとはいえ、
こういった細かな体のケアも仕事の一つなので、
気をつけないといけないですね。

さて、本日紹介するのは裾部分のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before1
20120315before1

before2
20120315before2

after
20120315after

左右の裾が崩壊しています。

裾も依頼の多い場所なので、いろいろなタイプのダメージがありますが、
1枚目の写真のように裾の生地が完全に欠損しているタイプのダメージが
一番厄介ですね。

このままだと修理できないので、修理する際には
既存の裾上げを解いてからの作業となります。

裾上げを解いてからあて布と疑似横糸をあて、
ミシン叩きで補修してから、再度同じ位置で裾上げします。

生地の欠損範囲がかなり大きかったので修理跡が多少目立ちますが、
他のジーンズから切り出したデニムのあて布を使うよりは
はるかに自然な仕上がりです。

また、強度の面でもかなりしっかりしているので、
これで当分は安心して履くことができます。


ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ