ジーンズリペア

ジーンズリペア 脚部

最近仕上げたジーンズの中に、脚部のちょっと大きなダメージがあったので、
今日は前置き無しでいきなり本題。

before/afterをご覧ください。

before全体
20120302before1

before拡大1
20120302before2

before拡大2
20120302before3

before拡大3
20120302before4

before拡大4
20120302before5

after全体
20120302after1

after拡大1
20120302after2

after拡大2
20120302after3

after拡大3
20120302after4

after拡大4
20120302after5

ポケット下から膝下にかけて巨大なダメージがいくつも出来て、
脚部が完全に崩壊しています。

相当荒っぽく履きこんだようで、穴の部分だけでなく、
穴と穴の間の部分も生地が劣化して、いつ破れてもおかしくない状態です。

ここまで生地が劣化してしまうと穴を個別に塞いでも、
あて布があたっている部分とあたっていない部分の境目で
すぐに破れが出てしまうので、脚部のほぼ全体を覆う
大型の補修が必要です。

実際、こちらのジーンズを修理するときも、
ポケット下から膝下までを覆う大きなあて布をあてて
補修しています。

生地と糸との相性がよかったので、生地の部分に入っているステッチは
ほとんど分かりませんが、実際には、脚部全体にものすごい数のステッチが
入っています。

よほど激しい履き方をすれば話は別ですが、これだけ糸が入っていると、
あて布の当たっているポケット下から膝下の範囲が破れてくることは
ほとんどないと思います。

ジーンズは通常の洋服に比べてもともとの作りがかなりしっかりしているので、
これぐらい壊れていてもキッチリ修理すればまだまだ履くことが出来ます。

こちらのジーンズも、引退させるにはまだ早いので、
これから先も末永く履き込んでもらいたいですね。


ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ