ジーンズリペア

ジーンズリペア 裾

今日は久しぶりにキリッと冷えましたね。

朝方は比較的暖かいような気がしたんですが、
日が高くなるにつれてドンドン気温が下がってきて、
昼過ぎには小雪がちらつき始めました。

こういう天気になると買い物に行くのが億劫になるんですよね。

発送のある日は、発送したついでにスーパーに立ち寄るんですが、
今日のように特に発送する荷物のない日は、
修理が一通り終わった後に買い物に出るのがなんとも面倒です。

だいたいミシン作業が終わるのが19:00過ぎぐらいなんですが、
その時間って完全に空気が冷え込んでるじゃないですか。

閉じこもっちゃうんですよねぇ…

買い物に行っていないので、今、
台所には米・スパゲティ・タマネギ・ニンジン・わかめ・海苔しかありません。

夕食は肉の全く入っていないナポリタンで済ませましたが、
明日の朝はどうしましょうかねぇ・・・

卵も無いんですよねぇ・・・

御飯を炊いて、わかめの味噌汁を作って、おかずは海苔ですか・・・。

ものすごく質素なメニューですが、朝食だからこんなもんですかね。

買い物なんてほんのちょっとした手間なので、
面倒くさがらずに行けばいいんですけど、
一度腰を落ち着けてしまうとなかなか動けないですよね。

さて、本日紹介するのは裾のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20120216before

after
20120216after

右裾がボロボロになってますね。

裾の部分は特に顕著なんですが、傷のあるジーンズを見ていると
それを履いていた人の体の使い方や癖、それに、体の傾きなどが
おぼろげながら分かります。

こちらのジーンズ、左右の裾を比べると左よりも右のダメージの方が
圧倒的に大きかったです。

私もそうなんですが、人間の体は左右非対称です。

なので、恐らくこちらのジーンズを履いていた方は、
左足が利き足で、なおかつ、左足の方が右足より
ちょっと長いんだと思います。

そして、その長いほうの左足にあわせて裾上げをしたので、
右足で裾を踏んづけてしまい、その結果として左足よりも
右足に大きなダメージが出たんだと思いますね。

修理する際には、このままでは修理できないので、
既存の裾上げを解いてから作業しています。

裾上げを解いてからあて布と疑似横糸を当て、
ミシン叩きで仕上げてから再度同じ場所で裾上げします。

ある程度大きなダメージでしたが、生地と糸との相性がよかったので、
なかなかキレイに仕上がりました。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ