ジーンズリペア

ジーンズリペア 裾

今日の夕食はチャーハンにしました。

かなり久しぶりに作ったんですが、ちょっと腕が落ちてましたね。

御飯がパラパラになるとかならないとか以前に、
味付けがちょっと薄かったですね。

チャーハンってシンプルな料理だけに、
塩味の加減がけっこう微妙じゃないですか。

ちょっとでも多いと塩辛くなるし、
少なければ少ないで間の抜けた味になるし、
自分好みの塩加減の調節がなかなか難しいです。

その塩加減が、以前は絶妙な感じでできていたんですが、
今日はちょっと失敗しました。

まぁ、失敗といっても「ちょっと薄いかな」という程度だったので、
それほど大きな失敗ではないんですが、それでも、今まで出来ていたものが
出来なくなるっていうのは悔しいですよね。

さて、本日紹介するのは裾のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20120213before

after
20120213after

before写真がちょっと遠いんですが、
裾がボロボロになっています。

比較的よくあるタイプのダメージなんですが、
裾上げのステッチ部分で生地がちぎれて、
裾の部分が輪っか状になっていますね。

この手のタイプのダメージは生地が残っているので放置しがちなんですが、
実際にはかなり重症のダメージなので、早めに修理することをお勧めします。

このままでは修理できないので、修理する際には既存の裾上げを解いてからの
修理となります。

裾上げを解いてからあて布と疑似横糸を当て、
ミシン叩きで補修してから再度同じ場所で裾上げします。

幸い、生地の欠損は無かったのでかなりキレイに仕上がりました。

街を歩いていると、ジーンズの裾を履きつぶして、
生地が欠損したまま履いている人をたまに見かけますが、
そうなる前に修理したほうがいいですね。


ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ