ジーンズリペア

ジーンズリペア 股

12月に入ってから二日連続で寒い日が続いています。

ただ寒いだけならまだいいのですが、
この二日間は日中雨が降っているので、
なおさらたちが悪いです。

当店はジーンズを送っていただく際に
必ず洗濯をしていただくようにお願いしているんですが、
時々、「リペアのついでに洗濯もお願いします」という
依頼を受けることがあります。

今も、そういった未洗濯のジーンズを何本かお預かりしているんですが、
この天候のため洗濯ができず、それらのジーンズの作業が止まっています。

納期に遅れるということはありませんが、作業がとまっているというのは
修理する側としてもあまり気分のいいものではありません。

そうは言っても、こればっかりは天気しだいなので、
天候の回復を待つしかないのですが、明日も雨みたいなんですよねぇ・・・

早く天気がよくなることを祈るばかりです。

さて、本日紹介するのは股のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20111202before

after
20111202after

股の部分が広く擦り切れて広範囲に薄くなっています。

しかも、股の内側の縫い目が擦り切れて部分的に穴が開いています。

内側のステッチに沿ってできるダメージは、
大きくなるとそのダメージに沿ってザックリ割れて
とんでもない大惨事になるので出来るだけ早いうちに
修理することをお勧めします。

修理する際にはあて布をあててからミシン叩きで仕上げています。

生地と糸との相性が非常によかったので、
ほとんどわからないレベルで修理できました。

ステッチ際のダメージもミシン叩きを入れてしっかり補修。

これで当分は安心して履くことができます。



ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ