ジーンズリペア

ジーンズリペア 裾

最近、Google+が気になっています。

Facebookは完全に乗り遅れたので、もはや何の興味もないんですが、
Google+は今からはじめても「乗り遅れた感」は無いですよね。

どちらのサービスもSNSの一種なので、
どちらに手を出してもあまり変わらないんでしょうけど、
「やるならGoogle+かなぁ」と思っています。

たぶん、SNSを始めたからといって何が変わるということも無いんでしょうけど、
今年の夏が過ぎた辺りから、ツイッターやらSNSやら、そういったネット上の
サービスに積極的に参加していくのも悪くないのではないかという
気持ちが少しずつ出始めています。

Blogやツイッターを始めたときもそうだったんですが、
自分の性格を考えると、一歩踏み出すまでは長いけど
いざはじめてみたらダラダラ続けるという感じなので、
やり始めればそれなりに長続きすると思うんですよね。

ただ、今でさえWebサイト二つの管理にBlogとツイッターを
やっているので、これ以上手を広げると自滅するかなぁという
懸念もあります。

まぁ、こんなことをいいながら、始めるときにはいきなりはじめると思うんですが、
現段階ではなんとなく迷っている感じですね。

さて、本日紹介するのは裾のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before1
20111124before1

before2
20111124before2

after
20111124after

レディースのジーンズなんですが、裾がボロボロになっています。

写真だとわかりづらいですが、一度他店様でリペアが施されています。

リペアした後も継続して踏んづけ続けていたようで、
リペア箇所もろとも裾が崩壊したというパターンですね。

修理する際には裾上げを全て解いてから、
既存のリペアを外し、あて布と疑似横糸をあてた後、
ミシン叩きで仕上げています。

かなり大きなダメージでしたが、なかなかキレイに仕上がりました。

よほど壊滅的な状態になっていなければ修理することが可能ですが、
裾はどうしても踏んづけてしまうようであれば、修理するのではなく、
スパッと裾上げをするというのも一つの方法ですね。



ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ