ジーンズリペア

ジーンズリペア 裾

『ペプシいちごミルク』を飲んでみました。

20111112

これまで、ペプシバオバブやペプシカリビアン、
ペプシモンブランなどを飲んできましたが、
どの商品もベースのコーラ味が強くて、
正直「普通のコーラとあんまり変わらないな・・・」
という感じだったんですが、今回の『いちごミルク』は
いい意味でこれまでの実績を裏切ってくれましたね。

蓋をプシュッと開けた瞬間、
カキ氷のイチゴシロップのような香りが
ブワッと広がります。

一口飲んでみると、ベースのコーラ風味にかぶさるように、
イチゴと練乳の香りがしっかりと乗っかっています。

もちろん、基本はペプシコーラですから、
果汁0%の人工的な風味なので、
味も風味もかなりジャンクな雰囲気です。

悪く言うと、カキ氷のイチゴミルクに炭酸をぶち込んだような
味なんですが、それでも、一つの商品としては、
意外と無理なくまとまっています。

駄菓子屋テイストというか、子供っぽい味ではあるんですが、
これはこれでなかなかいい感じなんじゃないでしょうか。

ご存知のように、ペプシはこれまでも「シソ」やら「きゅうり」やら、
とんでもないフレーバーを発表してきましたが、
それらの「びっくりペプシ」に比べたら、
今回のイチゴミルクは「当たり」ですね。

さて、本日紹介するのは裾部分のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20111112before

after1
20111112after1

after2
20111112after2

裾が大崩壊しています。

before写真は、裾上げを解いた状態なんですが、
裾の地面に設置している部分と、踵で踏んづけている部分が、
ボロボロに擦り切れて大穴が開いています。

これだけ大きなダメージになると、
目立たないように修理することは出来ないので、
修理する際にはあて布と疑似横糸をあててから、
ミシン叩きを荒めに入れて柔らかく仕上げています。

ダメージがこれ以上大きくなって、裾の部分が完全に欠損してしまうと、
デニムのあて布をあてて修理するしかありません。

そうなると、修理跡に2色のデニムが混在することになるので、
修理した部分がどうしても不自然な感じになります。

そういう事態を防ぐため、これぐらいのダメージになったら、
大至急修理することをお勧めします。



ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ