スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーンズリペア

ジーンズリペア 脚部

仕事がら目を酷使するので、
目薬が手放せません。

ミシン作業は至近距離をずっと凝視する作業ですし、
ミシンを扱っていないときもだいたいはパソコンで作業をしているので、
基本的に仕事中は目が休まることはありません。

その上、私の場合、趣味が読書・ゲーム・映画といった
インドア系のものばかりなので仕事をしていないときも、
何がしか目を使っています。

そのため、最低でも一日に二回は目薬をささないと、
目がかすんでくるんですが、この目薬、
さすタイミングによっては体調に多少影響が出ます。

特に、夜寝る直前にさした場合に顕著なんですが、
翌朝、起きてから30分ぐらいなんとなく肩が重いんですよね。

肩の重さを感じるのは長くても30分ほどですし、
その「重さ」自体非常に軽いものなので、
体調不良というほどのことでもないのですが、
なんとなく気になりますよね。

目薬も「薬」なので、多少はそういった副作用的なこともあるのかなと
思うんですが、どうなんでしょうね?

今度目薬を買うときは他のメーカーが出している別の目薬を
買ってみようかな・・・

さて、本日紹介するのは脚部のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20111107before

after
20111107after

脚部に出来る定番のダメージですね。

不可の大きい膝の部分が擦り切れて横に割れ、
それがだんだん太腿の「アタリ」の部分に伝線していく感じですね。

ダメージ加工で出来た人工的なダメージではなく、
ナチュラルな使用で出来たダメージなので、
比較的直しやすいタイプなんですが、
それでも、これ以上大きくなると技術的にも
お値段的にも渋い感じになってきます。

修理する際にはいつものようにあて布と疑似横糸を入れてから、
粗めのミシン叩きで仕上げました。

膝のように可動域の大きい部分は、
外見的に多少ダメージ感が残っても、
柔らかさ重視で仕上げるのが正解ですね。



ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。