ジーンズリペア

ジーンズリペア 裾

毎日、色々なメーカーのジーンズが送られてくるんですが、
最近、特にリーバイスの割合が急増しています。

当店の場合、もともとリーバイスの修理依頼が圧倒的に多くて、
依頼をいただくジーンズのおよそ三割ぐらいはリーバイスだったんですが、
先月の半ばぐらいからリーバイスの割合が五割を超えています。

リーバイスといえばジーンズの代名詞的なメーカーなので、
当然のことながら流通量も多いんでしょうけど、
それを考慮しても依頼が来るジーンズの2本に1本はリーバイスというのは
ちょっと異常ですよね。

ちなみに、過去に当店に依頼が来たジーンズのメーカーのランキング
ベスト5はこんな感じです。


1位:リーバイス
リーバイスといえばジーンズ、ジーンズといえばリーバイス。
依頼全体の3割を超える圧倒的な数で堂々の第1位。

2位:エドウィン
国産の雄、エドウィンです。リーバイスには遠く及ばないものの、
こちらもたくさんの依頼を頂くメーカーですね。
なぜか、サイズの大きいジーンズの依頼が多いメーカーです。

3位:ディーゼル
イタリアからの刺客、DIESELです。このメーカーも依頼数が多いですね。
現在Free&Easyの発行人をしている小野里稔が、まだLightningの編集をやっていた頃に、
このDISELのジーンズを積極的にプッシュしていた記憶があります。
その甲斐あってか、今では道行く人の中でもこのジーンズを着ている人を
よくみかけますね。

4位:ドゥニーム
国産メーカーDENIMEです。こちらもけっこう依頼が来ますね。
エドウィンの逆で、なぜかサイズの小さいジーンズの依頼が多いメーカーです。

5位:Lee
リーバイスに並ぶメジャーブランドなのに、なぜか5位に甘んじているのが
こちらのLeeです。超メジャーブランドですし、流通している量も多いと思うので、
もっと上位に入りそうな気がするんですけど、なぜか、当店では5位なんですよね。
リーバイスに比べて作りにちょっと癖があるので、他のメーカーに比べると
修理難易度の高いメーカーですね。


だいたいこんな感じですね。

Wranglerあたりはもっと上に入ってきてもよさそうな気がするんですが、
いまのところ上位に食い込む勢いはありませんね。

むしろ最近は、ユニクロなどの低価格を売りにするジーンズの依頼が増えているので、
今後、ランキングがどのように変動していくのか、個人的にも楽しみです。

さて、本日紹介するのは裾のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before1
20111106before1

before2
20111106before2

after
20111106after

before写真に多少手振れがありますが、
裾のダメージですね。

裾のダメージは大きいものが多いので、これぐらいの大きさでも
まだ比較的軽度ですが、それでも、裾の下部が摩擦で磨り減ってしまって、
かなり大きな穴が開いています。

修理する際には、あて布と疑似横糸をあててからミシン叩きで仕上げ、
もう一度同じ場所で裾あげしなおします。

修理のやり方によっては硬さが出る場合もあるんですが、
こちらは十分にしなやかさを残した仕上がりになっています。



ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ