ジーンズリペア

ジーンズリペア 脚部

夕方、ジーンズを発送したついでに夕食の買い物に行ったら、
白菜が安くなっていました。

最近は野菜もハウス栽培が出来るので「旬」がわかりづらくなった
なんてことをいいますけど、毎日スーパーに行っていると、
それなりに旬を感じますよね。

白菜の値下がりなんていうのはその最たるもので、
「冬が近いんだなぁ・・・」ということを実感します。

冬といえば鍋、鍋といえば白菜。

白菜は冬の野菜の代表格です。

私は一人暮らしなので、なかなか鍋を作る機会も無いんですが、
中華丼のようなあんかけ系の料理を作る際に白菜は非常に重宝します。

スープをたっぷり吸い込んだ熱々の白菜は
冬場の夕食には本当にありがたいです。

ここ数日は暖かいので、白菜を使った熱々のメニューは
なかなか選択肢に入りませんが、もう少し寒くなってきたら、
白菜のヘビーローテンションが始まりますね。

さて、本日紹介するのは脚部のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20111104before

after1
20111104after1

after2
20111104after2

左太腿と右膝に大きな穴が開いています。

beforeの写真を見ていただくとなんとなくわかると思いますが、
こちらのジーンズはもともとダメージ加工の施された
ダメージジーンズです。

その加工部分の横糸が大々的にちぎれて、
大きな穴になってしまったというタイプですね。

「ダメージジーンズ」って普通に販売されていますが、
要するに人工的に壊しているということなので、
通常のジーンズと比べるとどうしても壊れやすいですよね。

修理する際には、あて布と疑似横糸をあててから
ミシン叩きを粗めに入れて仕上げています。

この修理方法だとダメージ感は残りますが、
ダメージジーンズの場合、こういった修理の方が、
全体と馴染んでいい感じですね。



ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ