ジーンズリペア

ジーンズリペア ポケット

世の中にはたくさんのキャッチフレーズがありますが、
「このキャッチフレーズを見るとつい買ってしまう」という
フレーズが誰しも一つ二つはありますよね。

あくまでも私個人のことなんですが、
歯ブラシの「山切りカット」というフレーズに弱いです。

今日、ドラッグストアに歯ブラシを買いにいったんですが、
そこにおいてある商品の「山切りカット」っていう
フレーズにつられてつい買ってしまいました。

ご存知のように、「山切りカット」というのは、
歯ブラシの毛先が山脈の稜線のようにザクザクになっていて、
その山なりになっている凹凸部分が歯の凹凸にフィットして
歯がキレイに磨けるというものです。

かなり昔からある商品なので、歯ブラシの性能としては
後発で登場した「毛先極細」などの商品の方が上だと思うんですが、
この「山切りカット」というフレーズに含まれる
怪しい説得力につられてつい「山切りカット」タイプの
歯ブラシを買ってしまうんですよね。

実際に、山切りカットにどれほどの効力があるのかは
定かではないんですが、これ、歯ブラシの性能はさておいて、
広告っていう観点から見れば、「山切りカット」は
かなり優秀な広告だと思います。

たったワンフレーズなのに、強い説得力を持ち、
そのフレーズを聞いた人にその商品を買わせる。

優秀な広告ってそういうことだと思うんですよ。

私は業者に任せずに自分でお店のサイトを作っているんですが、
サイト内の文章にこういうお客さんの気持ちをつかむ
フレーズがあるかどうかはなはだ疑問です。

当店の場合は、そのかわりに、サンプル写真を多数掲載して、
言葉の力よりも具体的な視覚的情報でアピールしているんですが、
コピーライターという職業もあるぐらいなので、やはり、
Webサイト内の広告的なフレーズも重要なのかなぁと思いましたね。

「山切りカットの歯ブラシ」という身近な商品ですが、
ちょっと考えさせられました。

さて、本日紹介するのはポケット部分のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20111011before

after
20111011after

これ、どういう状態なのかわかりますか?

写真だとちょっとわかりづらいかなぁという感じはするんですが、
ポケットの上部が千切れてしまっているんです。

このまま放っておくと、千切れている部分から縦に一気に破れて
ポケットがベラッとはがれてしまうので小さいながらもかなり厄介なダメージです。

修理する際にはポケットを完全に外してから
ポケットの折り目をのばして一枚の布にし、
破れた部分にあて布とミシン叩きを入れて補修します。

補修が済んだ後は、もう一度ポケットに折り目をつけて
ポケットの形にし、再度ジーンズに縫い付けます。

ダメージの大きさは小さいですし、写真で見てもわかりにくいんですが、
こういう小さなダメージが実はかなりの大事という場合もありますので、
軽症だからといって甘く見ることなく、早めのリペアをお勧めします。



ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ