ジーンズリペア

ジーンズリペア 脚部

日中、掛け布団を干しました。

10月にはいってから朝夕の気温も大分下がってきたので、
いつでも使えるように、早めの冬支度ですね。

ただ、ずっと押入れに入れっぱなしで他の布団に圧縮されていたせいか、
ボリューム感がすっかりなくなってペチャンコになっていました。

今日一日干して少しは回復した感じですが、
それでも、もとのふっくら感には程遠いですね。

これって、何回か干せばもとの状態に戻るんですかね?

それとも、打ち直しなんでしょうか?

神奈川の冬はそれほど厳しくはないので、
薄くなった布団でも全然問題はないのですが、
なんとなく気分的にふっくらした布団で寝る満足感って
あるじゃないですか。

本格的な冬が来る前に、機会を見つけてなんどか干してみますが、
干すだけだとふっくら感は戻らないのかなぁ・・・

さて、本日紹介するのは脚部のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20111007before1

作業中
20111007before2

after
20111007after

長年の使用による「摩擦」と「裂け」で膝の部分がグチャグチャになっています。

横幅は端から端まで、縦幅も携帯電話一個半ぐらいですから
15センチぐらいはありますね。

非常に大きなダメージです。

修理する際には、広めのあて布と疑似横糸をあててから
荒めにミシン叩きを入れて仕上げています。

このタイプの修理方法は見た目のダメージ感が残るので、
一見すると弱そうに見えますが、実際にはかなりの数の
ステッチが入っているので、強度があり非常に丈夫です。

ダメージがある一定以上の大きさになってしまった場合は、
ステッチを細かく入れてヘタに傷を目立たなくするよりも、
これぐらいの感じで修理するほうが、履き心地もよくて、
お勧めですね。


ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ