ジーンズリペア

ジーンズリペア 裾

夏も中盤にさしかかり、蝉の声が激しくなってきました。

蝉の声に限らず虫の声というのは、その季節の空気感を実に心地よく
演出してくれるので、聴いていてすごく気分がいいです。

ただ、そんな蝉の声も、夜中まで鳴いているとなると話は別です。

日中の蝉は夏らしくてよいのですが、
夜中の蝉はただひたすら暑苦しくて、
寝苦しさ倍増です。

最近は夜中も暑くて睡眠が浅いので、
日中けっこう眠くなるんですよね。

私はいつも昼食を食べない代わりに1時間ほど昼寝をするんですが、
その昼寝の時間がけっこう貴重な睡眠時間になっています。

さて、本日紹介するのは裾のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20110729before

after
20110729after

裾がかなりボロボロになっています。

当初は「デニムのあて布をしないと無理かなぁ」と思っていたのですが、
実際に、お店にジーンズが到着して現物をみたら、
デニムのあて布をせずに修理することが出来ました。

デニムのあて布を使うとどうしても少し目立ちますからね・・・

修理する際には、一度裾上げをほどいてから、
あて布と疑似横糸ををあててミシン叩きでダメージを補修し、
再度同じ箇所で裾あげします。

生地と糸との相性がよかったので、
なかなかキレイに仕上がりました。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ