ジーンズリペア

ジーンズリペア お尻

最近の魚肉ソーセージって、なんか、モソモソしてませんか?

魚肉ソーセージが好きで、ちょくちょく買って食べるんですが、
昔の魚肉ソーセージに比べて最近の魚肉ソーセージって、
「つなぎ」に使う小麦粉の割合が多いのか、食べていて
明らかにモソモソします。

しかも、魚肉ソーセージにこういうモソモソ感を感じるようになったのって、
本当につい最近なんですよ。

2年ぐらい前だと思うんですが、原油の値段がものすごく上がって、
ガソリンだけでなく紙類や食品の値段が一気に上がった時期があったじゃないですか。

あの時期を境に、魚肉ソーセージの質が明らかに下がっています。

あの原油高の時期に、各食品メーカーは、商品の内容量を減らしたり
商品のクオリティを少し下げることで対処しました。

ところが、原油高が収まっても、商品の量も品質もいっこうに回復しません。

なんか、これって、明らかに意図的な感じがしますよね。

『せっかく、大手を振って「品質を下げて値段を上げる」口実が出来たんだから、
どさくさにまぎれてそのままの状態を維持してやれ・・・』みたいな…

そんな思惑を感じてしまいます。

魚肉ソーセージの「もっちりつるん」とした食感が好きだったんですが、
あの食感が復活することはもうないんでしょうかねぇ・・・

さて、本日紹介するのはお尻のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20110725before

after
20110725after

かなり大々的に破れていますね。

このままでは修理できないので、修理する際にはポケットを外してから
あて布と疑似横糸をあて、軽めのミシン叩きを入れて仕上げています。

もともとの生地がかなり薄くなっていたので、
修理するついでに、周辺も広く補強しました。

履きこまれて生地の薄くなったジーンズは
修理の際にゆがみが出ないように気を使うのですが、
持ち主の愛情を感じるので、修理に気合が入りますね。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ