ジーンズリペア

ジーンズリペア 脚部

今日もリペア作業を少しセーブして、
事務仕事をしていました。

ジーンズの修理業を始めて1年ちょっとになりますが、
実際に店を持って営業してみると、作業のメインである
ジーンズの修理以外にもかなり色々な仕事があるということに気づきますね。

見積もりをはじめとしたお客様との連絡対応だけでなく、
帳簿付けや納品書の発行といった事務作業、
修理の終わったジーンズの梱包、入金の確認、
ジーンズの発送、糸やあて布の調達、
Blogの執筆、Webサイトの作成、アクセスの分析、
広告の管理などなど実に様々です。

もちろん、一番長い時間をとっている作業はジーンズの修理ですが、
一日の仕事を「ジーンズの修理」と「それ以外の作業」で対比すると、
おおよそ3:2ぐらいのような気がします。

もともと、一日中机にかじりついて細々とした資料を作成するといったタイプの仕事が好きなので、
ジーンズの修理以外の作業も全く苦にはなりませんが、こういう作業がたくさんあるっていうのは、
実際に事業者として仕事をスタートしてみないとわからないことですよね。

前向きな理由であれ後ろ向きな理由であれ、個人事業主として
独立しようと思っている人は少なからずいると思いますが、
独立を考えるときには、メインになる仕事の他に、
それとほぼ同量の事務仕事や雑務があるということを
理解しておいたほうがいいのかもしれませんね。

さて、本日紹介するのは脚部のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20110701_2before

after
20110701_2after

携帯電話の1.5倍から2倍ぐらいの大きさの非常に大きなダメージです。

これぐらいのダメージになると、修理後の硬さの関係上、
ステッチをたくさん入れて目立たなくするタイプの修理はNGですね。

脚部は可動域の大きい場所ですから、
硬さを感じる範囲がこれぐらい大きくなると、
履いているときにかなりのストレスを感じます。

ですから、ダメージ感は残っても、ステッチを荒めに入れて
柔らかく仕上げるのが正解ですね。


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ