ジーンズリペア

ジーンズリペア 脚部

運動不足を解消するため、週に2度ほど自転車で遠出しています。

今日も秦野まで往復50キロほど走ってきたのですが、
その途中2件も事故を見ました。

それもちょっとやそっとの事故ではなく
2件ともかなり大きな事故でした。

1件目は普通乗用車4台が絡む玉突き事故です。

場所は秦野市内を走る国道246号線。

先頭の1台目は後ろのトランク部分がすこしへっこんでいるぐらいでしたが、
その後ろに連なっている3台は前も後ろもグッシャリとつぶれていて、
完全に廃車状態になっていました。

事故の規模が大きく、警察が路上規制をしいたため、
事故現場を起点にして前後とも2キロほどの大渋滞。

交通量の多い246号線だったので事故現場周辺は
一時かなりごった返していました。

2件目は普通乗用車2台の衝突事故。

場所は足柄大橋から鬼柳の交差点に向けて
大井高校前を走っている路上です。
(かなりローカルな話題でスイマセン・・・)

衝突した瞬間を見たわけではないのですが、
恐らく、前を走っている車を追い越そうとしたときに、
目測を誤って車のサイドが擦ってしまったんだと思うんです。

車のサイドが後ろから前に向けてえぐり取られるように擦れていて、
一台の車のドア部分には、もう一台の車の一部が剥ぎ取られて
突き刺さっていました。

事故はこちらが注意していても、向こうから突っ込んでくることがあるので、
注意するにも限界があるのですが、それでもなおかつ、
十分に気をつけなきゃいけませんね。

さて、本日紹介するのは脚部のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20110623before

after
20110623after

膝が薄くなって横糸が露出し、最終的に穴が開いてしまったタイプのダメージですね。

脚部は可動域が大きいので、修理後の柔らかさを考えて、
ステッチを荒めに入れて修理することが多いのですが、
これぐらいの傷であれば、キッチリ糸を入れて目立たなく修理しても
履き心地を損なうことはありません。

かなりキレイに仕上がったので、実際に履いていたら、
修理跡に気づく人はまずいないでしょう。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ