営業記録

iPhone問題

物事は何でも、想像しているのと実際にやってみるのとでは
全く違うもので、いざやってみると思いも寄らない
トラブルが発生することがあります。

連日、メールでリペアのご依頼を頂くのですが、
半年ほど前からiPhoneから送っていただくメールの
文字化けで困っています。

厳密に言うと、こちらからiPhoneにメールを送って、
そのメールを返信していただくときに、
こちらが送ったメールの文章を削除せずに
要件を追加して返信していただいた場合、
メールの全文が完全に文字化けします。

しかも、この現象はiPhoneからフリーメール以外の
PCアドレスにメールを送った場合に発生するようです。

実際、お客様にお願いして私が使っている
Gmailのアドレスに再度送っていただいた場合は
問題なく読むことが出来ます。

これ、けっこう困るんですよね。

恐らく、iPhoneに搭載されているフォントの関係だと思うんですが、
日本で売るんだったら、色々な状況に対応できる日本語フォントを
乗っけてから販売して欲しいですよね。

車だって右ハンドルにしてから販売するっていうことがあるわけですから、
ソフトバンクにももう少し頑張ってほしいです。

ジーンズのダメージ写真や修理後のafter写真をやりとりするので、
扱っているメールは一件一件がけっこう大容量です。

そのため、お店をオープンさせたときには、
PCメールでのやりとりが主で携帯でのやりとりは
ほとんど無いと思っていました。

ところが、いざ蓋を開けてみると、いつの間にやら携帯が進化して
スマートフォンなるものが生まれ、携帯でも容量の大きなメールの
やりとりが比較的容易に出来るようになりました。

iPhoneはそんなスマートフォンの代名詞的な存在ですが、
そのiPhoneが普及するにつれてこういった問題が表面化してきました。

いろいろと対処法を模索しているものの、
未だ解決策は見つかっていません。

文字化け翻訳サイトなども使ってみたのですが、
ダメなんですよねぇ・・・

一番手っ取り早い対処法は、見積もりメールを
Gmailなどのフリーメールで受けることなんですが、
フリーメールって案外使いづらいですよね・・・

それに、急な仕様変更などがあったりすると
困りますしね・・・

Gmailの使い方にもう少し慣れたら、
切り替えることも考えていますが、
なかなか難しいですね。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ