ジーンズリペア

ジーンズリペア 股

唐突なんですが、「スキンヘッド」って世の中的にもっと
受け入れられてもいいと思いませんか?

特に、男性ではなく女性のスキンヘッド、
しかも、若い女性ではなく年配女性のスキンヘッドは
もっと受け入れられるべきだと思いますね。

別に私がスキンヘッドだからこういうことを言うわけではなく、
この髪型(?)が広く受け入れられたら、世の中に暮らすかなりの人が
ストレスから開放されるような気がするんですよ。

一人暮らしの自炊生活なので毎日のようにスーパーに行きます。

そうすると、毎日のように見かけるんですよ。

あきらかに「乗っけている」おばちゃんを・・・

しかも、「ある特定の一人」というのではなく、
「不特定多数」の「乗っけている」方を見かけるわけです。

「髪は女性の命」なんてことをいいますから気持ちはわかるんですが、
それでもあの「乗っける」タイプのカツラは、本人はどう思っているか知りませんが、
周りから見ると確実にわかりますよね。

あの状態が見ていてどうにも心苦しいんですよ。

「かぶっている」おばさんたちは、きっと朝から晩まで
ずっと髪の毛のことでストレスを抱えていると思うんです。

朝起きて枕を見ては抜けた髪の毛を数え、
寝癖を整えようと櫛を使えば櫛に抜け毛がこびりつき、
風呂に入って頭を洗っていても抜け毛が気になって思い切り洗えない。

カツラをかぶっているときはかぶっているときで、強い風におびえ、
周囲の視線を意識し、常にどこか落ち着かない精神状態です。

これってものすごく不健康だと思いませんか?

もうねぇ、いっそのこと剃っちゃえばいいんですよ。

色々なしがらみを捨てて「寂聴」のテイスト全開で
スパッといってしまえば、きっとものすごくさっぱりすると思いますよ。

剃った当日は色々と思うこともあるかもしれませんが、
その夜風呂に入ったときからシャワーを思い切り強くして
ガッシガッシ頭を洗えます。

朝目覚めたときも抜け毛なんかあるはずがありませんし、
思い切ってその頭で外に出てみれば、意外と周囲の人も受け入れてくれます。

スースーしてどこと無く肌寒いというのであれば
ショールの一つも巻けばいいじゃないですか。

髪の毛を剃ったその瞬間からストレスフリーな人生が始まるわけです。

心身ともにゼッタイにそのほうが健康になると思うんですけど、
なぜかスキンヘッド、特に年配女性のスキンヘッドは
受け入れられていないですよね。

毎日剃らなければいけないので手入れは多少めんどうですが、
一度やってしまえばこの髪型は本当に気楽なんですけど、
いまのところスキンヘッドは圧倒的に少数派です。

お金もかからないし、もっと市民権を得てもいいと思うんですけどね・・・

さて、本日紹介するのは股部分のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20110506before

after
20110506after

写真を撮るときの光の加減で色具合が別のジーンズに見えますが
同じジーンズです。

よくあるタイプの股ズレダメージですね。

この部分に穴が開くとやっぱりかっこ悪いですからね。

目立たないようにキッチリミシン叩きを入れて
修理します。

生地と糸との相性もよかったのでかなりキレイに仕上がりました。

強度もバッチリなので破れる前と同じように
ガンガン履くことができますね。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ