ジーンズリペア

ジーンズリペア お尻

自宅から半径5キロ圏内は商業施設の少ない
ベッドタウン的な住宅地なのですが、
そのような環境のせいか、個人経営のパン屋が多いです。

私は個人経営の小さなパン屋が好きで、
町を歩いていてそういった店を見つけると、
フラッと入ってはめぼしいパンを買ってかえるのですが、
最近、そういった個人経営の店で売っているパンの大きさが
小さくなっているような気がします。

自宅周辺のパン屋がたまたまそういう小さいパンしか売っていないという可能性もありますが、
スーパーで売っているヤマザキパンなどの大手メーカーが作っているパンも
少しずつ小さくなったり、一袋あたりの個数が減っていたりするので、
必ずしも自宅周辺のパン屋に限った事情ではないような気がします。

少し前の記事にも書きましたが、お菓子にも同じようなことがおこってますよね。

量が少なくなったり、サイズが小さくなったり、
値段はそのままなのに少しずつ商品のボリュームが減っています。

これって、どういうことなんでしょう?

消費者のニーズが「量が少ない商品がよい」という方向に向かっているのなら
全く問題ありません。

ただ、食に関する事柄は原料生産から製造や流通といった
非常に広い範囲が関係してくることなので、何か他の要因で
こういったことが起こっているのであれば、
ちょっとまずいことのような気がするのですがどうなんでしょう?

さて、本日紹介するのはお尻部分のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

20110503before

after
20110503after

お尻というか股というか微妙な部分のダメージです。

股から太腿の付け根の線に沿って発生するダメージなんですが、
この部分の傷は意外と依頼が多いですね。

椅子に座ったときにちょうど椅子の縁にあたる部分なので、
この部分にダメージが出る人は普段の生活で
椅子に座っている時間が多いのかなぁと勝手に想像しています。

いずれにせよ可動域の大きい部分なので、
この部分は少しでもダメージが発生すると、
そこから一気に広がってあっという間に大きな
傷になってしまいます。

今回のケースは傷がポケット際にまで達していたので、
修理する際にはポケットを外してから修理しています。

写真はかなり接近して撮影しているので、
ちょっとステッチの跡がわかりますが、
実際に履いていたらほとんど気づかれないレベルです。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ