ジーンズリペア

ジーンズリペア 太腿

地震が起きてから明日で2週間がたちます。

被災地ではいまだに不自由な生活を強いられている人がたくさんいますし、
原発はいまだに予断を許さない状況。

被災地以外の地域では、
計画停電・スーパーでの買い占め・ガソリンスタンドでの行列など、
まだまだ混乱状態が続いています。

ただ、そんな中でも、被災地が少しずつ復興しているということを
実感する出来事がありました。

この2週間の間、当店のWebサイトでも東北からのアクセスが激減していたのですが、
最近、東北から2件、修理の依頼がありました。

お客様の個人情報なのであまり具体的なことはいえませんが、
2件とも今回の震災で甚大な被害を被った県に住む人からのご依頼です。

こういうのって、本当にうれしいですよね。

被災地の状況というのは現地から離れるとなかなかわかりづらいものですが、
こういう具体的なアプローチがあると、被災地も少しずつ復興しているんだなということが
実感できます。

さて、本日紹介するのは太腿部分のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20110324before

after
20110324after

はじめは小さかったダメージが少しずつ広がって、
最終的に横糸も擦り切れてなくなってしまい、
ポッカリと穴が開いてしまったというタイプのダメージですね。
(ちなみに、傷の上の部分から除いているのはポケットのスレーキです。)

脚部は硬さが出ると修理後の履き心地が悪くなってしまうので、
ステッチを荒めに入れて柔らかく仕上げています。

このタイプの修理は、見た目のダメージ感は残りますが、
仕上がりが非常に柔らかく仕上がるので、
お客様からもご好評をいただいております。

実際、こちらのジーンズの修理をご依頼いただいた方にも、
ご満足いただけました。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ