ジーンズリペア

ジーンズ修理 太腿

前々から思っていることなんですが、
数年前からお菓子の値段が異常に上がってますよね。

私、普段ほとんどお菓子を食べないんですが、
ブラックサンダーにはまって以来、
ちょくちょくお菓子コーナーに立ち寄るようになりました。

それで気づいたんですけど、今、「きのこの山」と「たけのこの里」って
200円ぐらいするんですね・・・

私が子供のころは100円ぐらいだったと思うんですけど、
200円って、これは厳しいですよね。

ポテトチップスも袋はパンパンなのに、
ほとんどが空気で中身はほとんど入っていませんし、
ビッグカツにいたっては完全にスモールカツになっています。

いつからこんな惨憺たる状態になってしまったんでしょうか?

私が小学校の頃、遠足のおやつは300円だったんですが、
今、300円じゃ何も買えないですよね。

買ってせいぜい「たけのこの里」一つと
ちょっとしたバラのお菓子三つぐらいですよね。

それじゃあ、全然スペシャル感が無いじゃないですか。

昔は300円も出せばリュックいっぱいのお菓子が買えたものです。

しかも、一つ一つのお菓子がボリューミーで、
遠足のお菓子300円は本当にスペシャル感があったんですが、
今の「お菓子300円」は本当にショボイですよ。

自分の子供のころと比べて今の子どもが
「かわいそうだ」なんて思うことはほとんど無いのですが、
お菓子に関しては、今の子どもよりも自分の子供時代の方が
豊かでしたね。

さて、本日紹介するのは太腿部分のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before1
20110322before1

before2
20110322before2

after
20110322after

写真を載せてから気づいたんですが、
これ、ちょっと、わかりにくいですね・・・

ダメージとしては、太腿部分が薄くなって擦り切れて、
横糸が露出している状態です。

ダメージ部分だけでなく、その周辺部分も広く弱っていたので、
広めのあて布と疑似横糸をあててミシン叩きで仕上げています。

生地と糸との相性がよく、キレイに仕上がったので、
納品後、お客様からも喜びの声を頂きました。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ