営業記録

開業届け

昨日(6/17)、小田原市内に行って、
関係各所に開業届けを出してきました。

「えっ!!届けを出してないのに営業してたの((;゚Д゚)」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
これ、大丈夫なんですよ。

営業開始日から一ヶ月以内に届けを出せば
なんの問題もありません。

しかも、一説によると、
「最終的に確定申告をするから
届けは出さなきゃ出さなくても大丈夫」
という噂もあります。

もちろん、これはあくまでも噂で、
裏を取ってあるわけじゃないのでなんともいえないんですけどね…


今回届けを出しに行ったのは、
小田原税務署と小田原合同庁舎(県庁の代わり)、
そして、小田原市役所の三箇所です。

小田原の曽比から市内まで、
片道7km弱を自転車で爆走。

はじめに届けを出したのは小田原税務署です。

あらかじめダウンロードしておいた、
「開廃業届け」と「青色申告承認申請書」を提出。

もちろん、ちゃんとコピーも提出して、
はんこを押してもらいましたよ。

なんか、手続きが簡単すぎて、拍子抜けしました。

こっちとしては、事業を始めるわけですから、
結構な意気込みなんですけど、
実際にやったことといえば、
ネットからダウンロードしてプリントアウトした書類に、
必要事項をちょいちょいと書いて提出するだけですからね。

しかも、税務署で手続きにかかった時間もゼロ。

窓口に行って書類を出したら、
「あっ、はいわかりました」
で終了ですからね。

でも、あっけなかったとはいえ、
一応、これで、国税の手続きは終了です。

続いて、地方税の手続きをするべく、
小田原合同庁舎へ。

一瞬、県庁のある横浜まで行かなきゃいけないのかと思いましたが、
税務署のすぐ近くに合同庁舎があって助かりました。

合同庁舎では向こうから出された三枚写しの書類に、
事業所の住所や私の名前など、数箇所に記入。

はんこをポンポンポンと押して、それで終了。

「このまま市役所に行かれますか?」
という問いかけに、

「えぇ、まぁ、近いんで…」
と答えると、

「でしたら、こちらの書類を市役所に提出してください」
と言われ、先ほど書いた三枚写しの書類の一部をもたされました。

市役所では、合同庁舎で渡された書類を提出するだけで、
全ての作業が終了。

なんとも、あっさりと全ての手続きが終了しました。

しかも、よくよく聞いたら、
税務署に書類を提出すれば、
県庁と市役所には税務署の方から書類が回るので、
行かなければいかなくてもいいらしいです
(ただ、書類が税務署から市役所と県庁に回るのに
一ヶ月ほどかかるらしいですけどね…)。

そんなわけで、ほんとうにあっけなく
全てが終了しましたね。

「お店を始めたいけど、色々な手続きが大変そう」
と思っている方、手続きは本当に簡単ですよ。

まぁ、その後の青色申告の書類を用意するのは
結構大変みたいですけど、開業関係の書類に限定すれば、
書類関係の作業はあっけないほど簡単です。

地方税関係の書類はそれぞれの地域によって違うらしいですけど、
税務署に提出する書類はネットから簡単にダウンロードできますし、
記入する項目も特に難しいことはありません。

開業関係の書籍を読んでいると、
色々と難しそうな感じがしますが、
実際にやってみると、案外たいしたことないものですね。




ジーンズ修理 山田屋


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ