営業記録

続リペア加工

一昨日の段階で
「明日出来上がりを更新しますよ(`・ω・´)シャキーン」
みたいなことを言っていたんですが、
昨夜は力尽きて寝てしまいました。

そんなわけで、一日遅れですが、
一昨日、リペア加工を施したジーンズの完成形を
披露いたします。

ジャーン!!

100612_6

こんな感じに仕上げました。

加工箇所をグッと拡大するとこんな感じです。

100612_7

一昨日公開したときにプラスアルファして
左太ももの上部と右ひざ部分にそれぞれ、
デニムのあて布を使った加工を施してあります。

先ずは右ひざ部分ですが、

100612_8

こちらは、デニム地を大きめに切ったものを二つ、
一方は表を出して、もう一方は裏にして
ジーンズの上から縫い付けました。

ステッチはあえて不規則にして、
さりげない感じを出してみました。

ていうか、こういうタイプの加工で
ステッチをキッチリ入れると、
なんか、野暮ったくなっちゃいますからね。

続いて、左足です↓

100612_9

こちらの加工はなんとなく今風な感じですよね。

作業工程としては、
ジーンズの縦糸を削って横糸を露出させ、
デザイン的にいらない横糸をカット。

その後で、裏から色が濃い目のデニム地をあてて、
あて布やジーンズの色とは別の色の糸で
ジグザグにステッチを入れました。

最近、この手の加工が施されたジーンズを
よく見かけますよね。

ちょっと有名どころのメーカーだと、
こういったリペア加工のジーンズが
とんでもない値段で売られていますが、
ぶっちゃけた話し、当店で加工をすれば、
もっとリーズナブルなお値段で加工できます。

単純に、リペアっていうことだけでいえば、
こういった加工よりも、
股部分がザックリ裂けたりしている場合の方が、
はるかに難しい作業ですからね。

さて、それでは、肝心のお値段ですが、

100612_13
100612_12

黄丸の部分が、あて布代込みで3000円(税抜き)、
赤丸の部分が、縦糸削り代とあて布代込みで3000円(税抜き)
といった感じですね。

一昨日のBlogにも書いたとおり、
白いギザギザステッチが入っている加工は、
三箇所あわせて7000円(税抜き)なので、
このジーンズ一本の加工料金は、
全部で13000円です( ´∀`)

13000円ていう値段を聞くと
高ッ!!( ゚Д゚)
と思うかもしれませんが、
かかる時間と手間ひまを考えると、
十分に適正な価格ですよ(´・ω・`)

ジーンズのリペア加工を考えてらっしゃる皆様、
加工の際にはぜひとも当店をご利用いただきますよう、
よろしくお願いいたします。

ジーンズ修理 山田屋


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ