ジーンズリペア

ジーンズリペア 股

先日、近所の郵便局の駐輪場で、通りすがりのおばあさんに「90ぐらいあるんですか?」と聞かれたので、「いいえ、185です」と答えたら、凄くびっくりした顔をしていました。

そのときは、「向こうが聞いてきた数字よりも下の数字を言ったのに、なんでそんなに驚くんだろう?」と思っていたのですが、今にして思うと、あのおばあさんが聞いていたのは身長じゃなくて体重のことだったのかもしれませんね。

さて、今回紹介するのは、股部分のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20160420before

after
20160420after

股の部分が擦れて穴が開いています。

ダメージとしては比較的軽度ですが、放っておくとここからどんどん穴が広がっていきますから、これぐらいのうちに修理したほうがいいですね。

インシーム上にすり傷が出来ていたので、修理する際には、インシームを部分的に解いてから作業しました。

股の部分の依頼は、傷がかなり大きくなってから、連絡が来る場合が多いのですが、これぐらいのうちに直したほうがきれいに仕上がりますね。

お手持ちのジーンズにダメージが出ている場合は、早めのリペアをお勧めいたします。

ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ