ジーンズリペア

ジーンズリペア 股・裾

小田原の隣に開成町という小さな町があります。

ウィキペディア情報によれば、神奈川県の中でも最も面積の小さい自治体であり、なおかつ、町の中では面積が東日本最小だそうです。

そんな小さな町なんですが、ここ数年、おいしい個人店のパン屋が次々に開店して、ちょっとしたパン屋の激戦区になっています。

最初に開店したのは、『コネルテ』というパン屋さんなんですが、その後、後を追うように『アスラン』、『奥田製パン』と次々に開店して、今ではパンの町のようになっています。

しかも、この三軒のパン屋、店同士の距離がわりと近くて、パンを買いに行くとき、どの店に行くかけっこう迷うんですよね。

どのパン屋もそれぞれに個性があっておいしいので、週に二度ほどお店を選んで買いに行っていますが、ご近所にこういった質の良いお店があるというのは、地味に幸せなことですよね。

さて、今回紹介するのは股と裾のリペアです。

before/afterはこんな感じ。

before
20160131before1

after
20160131after1

before
20160131before2

after
20160131after2

普段は、わりと大きなダメージを紹介することが多いんですが、今回は傷の状態としては比較的軽いレベルのダメージです。

大きなダメージでもきれいに仕上がることはありますが、これぐらいのダメージだと、より安定してきれいに仕上がりますね。

しかも、大きいダメージに比べて、修理の際に入れるステッチの量も少なくて済むので、その分、修理跡も柔らかく仕上がって履き心地も良いです。

ただ、軽度のダメージとはいえ、こちらのダメージは、傷が縫製のステッチ際に出来ているため、修理する際には股も裾も部分的に分解して修理しています。

傷が大きくなればなるほど、修理のリスクも修理のお値段も大きくなりますし、また、修理後の履き心地も違和感が大きくなりますので、お手持ちのジーンズにダメージが出ている方は、ぜひとも早めの修理をお勧めいたします。

ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ