ジーンズリペア

ジーンズリペア お尻

ツイッターにもチラッと書いたんですが、
大手ジーンズメーカーのEDWINで
200億円の損失隠しがあったみたいですね。

EDWIN、200億円の損失隠し

私も記事を読んだだけなので、詳細はよくわかりませんが、
経理職員の中には自殺者も出ているようで、
最悪の場合は「倒産」という結末もありえるかもしれません。

国産のジーンズブランドといえば、つい最近も
ボブソンがジーンズ関連の事業から完全撤退したばかりで、
なんとも先行きが暗い感じがしますね。

EDWINは当店に依頼の来るジーンズメーカーの中でも
ベスト3に入るメーカーですし、もともと人気のあるブランドなので、
愛用している方も多いと思います。

製品のシルエットも、日本人の体型に合うように作ってあって、
リーバイスなどの外国ブランドにはない独特の履きやすさがあったのですが、
今回の一件で経営に大きな影響が出るのは不可避でしょうね。

大手のアパレルメーカーが工場を海外に移転する中で、
EDWINは昔から秋田に工場を持ち、国内での生産基盤も
しっかり確保していました。

そんなこともあって、個人的にはかなりイメージのよい企業だっただけに、
今回の一件は残念ですね。

さて、本日紹介するのはお尻部分のリペアです。

Before/Afterはこんな感じ。

before
20120824before

after
20120824after

ポケット横のお尻部分がボロボロになっています。

ポケット部分にもダメージが出ていますが、
今回修理するのはお尻部分のみです。

この部分は椅子の背もたれなどの影響で、意外と負荷のかかる部分なので、
こういった大きな破れのできるケースも珍しくないですね。

こちらのダメージ、このままでは修理できないので、
修理する際にはポケットをはずしてから作業しています。

ポケットをはずしてからあて布と擬似横糸を当て、
ミシンたたきで補修してから、再度ポケットを縫い付けます。

写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、
実際には、ダメージの周辺にもかなり広範囲に補強が入っているので、
これで当分は破れる心配はありません。


ジーンズ修理 山田屋
スポンサーサイト
プロフィール

山田哲也

AUTHOR:山田哲也

今日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。

『ジーンズ修理 山田屋』店長の山田です。

ジーンズの修理に関する話題が主ですが、本題の枕代わりに日常のちょっとした出来事についてもちょこちょこと書き綴っています。

たいしたことは書いていませんが、少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


ジーンズ修理 山田屋

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ